神経障害を治す【神経性疼痛を迅速改善術】

健康

痛みを少なく

痛みの種類

夫婦

人間の体に何らかの異常が発生すると、その異常を本人に自覚させるために痛みの症状が現れます。痛みが起こっている部位はいつも通りに動かすことができなくなりますので、否応なく安静を保つことになります。痛みが発生している部位を無理に動かし続けていると、痛みを引き起こしている原因である症状が悪化します。でも、安静にしていれば、早く正常な状態に回復できるようになります。つまり、痛みが発生することによって体を健康な状態で保ち続けることができるようになるわけですから、痛みが起こること自体は悪いことでも何でもありません。しかし、強い痛みが長く続いていると、日常生活に支障が出てしまいます。また、痛みの症状を放置しておくことによって他の部位に悪い影響が出てしまうおそれもあります。そこで、痛みを抑えるための治療が必要になってくるのですが、痛みの種類を見極めた上で、それに合った治療を受けるようにすることが大切です。 痛みは、怪我による炎症や刺激などが原因で引き起こされる侵害受容性疼痛と、神経が障害されることによって起こる神経性疼痛、心理的要因などで引き起こされる心因性疼痛の3種類に分けることができます。この3つの中で患者本人が痛みとして最も自覚しやすいのは、侵害受容性疼痛です。一方、神経性疼痛の場合は、痛みというよりも、チクチクとした違和感やビリビリとした痺れといった感じ方をするケースが多いため、痛みと認識しない人がたまにいます。しかし、神経が損傷されている場合はこのような自覚症状が現れますので、早期に医療機関を受診して適切な治療を受けるようにするのが望ましいです。

治療方法

神経性疼痛の治療には、薬物療法、神経ブロック療法、手術療法などの方法があります。神経性疼痛であるか否かを素人が判断することはとても難しいことですので、気になる症状が続いている場合は、早めに医師の診察を受けるようにするのが一番です。たとえば、帯状疱疹が治ったのにも関わらずいつまでも皮膚のチリチリ感が続いている場合や、交通事故で負った傷は癒えたのに、その傷とは直接関係ない部位に痺れや痛みの症状がある場合は、神経性疼痛の可能性を疑ってみる必要があります。また、他の病気の症状の1つとして、もしくは治療の副作用として、神経性疼痛が起こる場合もあります。いずれの場合にしろ、痛みの種類の見極めについては、専門家である医師に任せてしまう方が安心です。神経性疼痛の治療方法として最も多く採用されているのは、薬物療法です。逆に、手術療法は患者の体に多大な負担がかかるため、他の方法では対処しきれない場合の最終的手段として採用されるのが一般的です。神経性疼痛は、痛みを伝える物質が過剰に放出されることによって起こります。そのまま治療せずに放置しておくと、痛みを引き起こしていた原因そのものがなくなっても、痛みを伝える物質の過剰放出が収まらなくなってしまう可能性があります。結果的に痛みの悪循環にはまり込み、慢性的な痛みを抱え込んでしまうようになりますので、痛みを伝える物質の過剰放出を抑制する薬を早く内服することは、とても意味のあることです。この薬は数年前から保険が適用されるように変わったため、現在多くの患者が利用しています。