神経障害を治す【神経性疼痛を迅速改善術】

健康

体に異常のない痛み

医者

神経性疼痛は、怪我や病気がない、あるいはすでに治っているにもかかわらず、感じる痛みです。神経が損傷されたり圧迫されたりして、刺すような鋭い痛みを覚えます。検査をしても身体に異常がないときは、心因性のものと考えられますので、精神科や心療内科を受診するのがおすすめです。

» 詳細を読む

神経痛の原因と治療

看護師

ビリビリ・チクチクする神経性疼痛は、原因や痛みの程度によってさまざまな治療法があります。たかが神経痛と放っておかないで専門医で診てもらって早期に治療を開始することで、痛みが長引くのを防いで簡単な方法で治すことが可能です。

» 詳細を読む

痛みを少なく

夫婦

神経性疼痛は、神経の圧迫や切断などによって引き起こされる神経の痛みのことです。痛みというよりも痺れや皮膚のチリチリ感として自覚することが多いですし、目に見えない原因によって引き起こされる痛みであるため、医療機関を受診しないでいる人が多いです。しかし、内服薬等で症状を軽減することができます。

» 詳細を読む

様々な痛みについて

男性

昨今様々な所で耳にするのが神経性疼痛と呼ばれる症状です。この神経性疼痛の場合にはこれといった病変が見つからないのが特徴で、症状へのアプローチも少し難しくなります。神経性疼痛は慢性的に続く傾向があり、時に日常生活も困難になるのが厄介な点です。痛みは慢性化すると一層治りにくくなるため、症状が長期化するという悪循環に陥ります。ですので神経性疼痛が疑われる場合には、早目に医師に相談することが大切です。神経性疼痛の原因は神経の障害です。こういった障害は帯状疱疹などの発症の後に生じることが多いと言えます。炎症がおさまったのちにも神経の障害が一部残り、痛みが続くのがこの神経性疼痛です。糖尿病や坐骨神経痛などを患っている方の場合には、この手の神経性疼痛が長期間残ることがあります。神経が異常に興奮することが一因とされており、一般的な痛みどめでは疼痛を抑えられないことがほとんどです。この神経性疼痛を診断する上では、痛みの現れ方が重視されます。しびれを伴う痛みやビリビリとした痛みが現れたら念のため神経性疼痛を疑ってみることが必要です。発作的に症状が生じてくることも多く、様々な観点から診断が行なわれます。痛みが長期に渡ることで、慢性化しやすくなる点も押さえておくべきポイントです。痛みによって血流が悪くなり、痛み物質が生じやすくなることや神経を鎮める脳の働きが弱まることがこのような減少を引き起こします。神経性疼痛の治療は主に薬で行われるのが最近の傾向です。

神経性疼痛が起こらないようにするためには、痛みを生じさせる原因を早目に解消することが必要です。坐骨神経痛などの病気を持っている方の場合には、日常生活を工夫するなどの方法で、痛みの起こりにくい状況を作り上げることが一つの方法となります。日常生活の中でとる姿勢を工夫したり、ストレッチやマッサージを取り入れることも有効です。体型が原因となっている場合には、積極的にダイエットなどを行なって体に負担のかかりにくい状況を作ります。体の冷えを予防することも対策の一つです。糖尿病の方の場合には、病気の治療を徹底して神経障害を抑えることも大切な注意点です。様々な方法で痛みを長引かせないことが神経性疼痛の予防では求められます。原因不明の痛みが続いている場合には、現在専用のチェックシートを利用して神経性疼痛の可能性があるか否かを調べることが出来ます。自己判断では中々分かりにくいことでも、こういったシートを利用すれば状態を把握出来るのが便利な点です。神経性疼痛に詳しい専門医も最近では登場しており、インターネットのサイトから専門医の常駐する近隣の医療機関を探すことが出来ます。近頃知名度が上がってきた病気だけに、探し方次第で適切な治療を受けられる医療機関が見つかるのが昨今の状況です。これまでは原因不明として片付けられてきた痛みが、現在では神経性疼痛という病気として専門的に扱われるようになっています。ストレスなどメンタル面との関わりも指摘されるようになっており、新たな治療法の出現も期待出来る病気です。